本日のN当番は誰だ?

今のお仕事は、毎日決まった席でのお仕事ではなく、その日決められた席につく、というお仕事なのですが、

昨日は、研修時何度かとなりになった事のあるNさんが隣の席につきました。

実は少し苦手なんですNさん。

Nさんは私より大分若いため、私がPCにうといと思ったのか、いちいち「ここはこうやるとこうなりますよ」と

私のPCを勝手に操作するのです。

ん〜

心配してくれるのはありがたい。

そして私が本当に操作方法を知らないのならありがたい。

研修中は「人数いるし、隣になることはないだろう」と彼の自尊心を傷つけないように、ありがとねとやりすごしてました。

しかし、昨日となりになっちゃいました。笑

始業前寸前に私の隣に座った彼は「あ!!久しぶり」と言った後、今度は業務の事で私に色々話始めました

正直、私のこれまでの職歴はPCを使った仕事が大半でしたし、この業務自体も初めてではなく

研修もスケジュール的に仕方なく参加していたくらいでしたから、彼から教えてもらう事は全て把握していました。

この先、ずっとこうだと困るので今回は「知ってるよ、ありがとね」と軽く流しましたが、

やはりことあるごとに話しかけてくる。

一日のノルマもあるし、件数をこなさなければならない仕事なので、そのたびに「大丈夫だからありがとね、ほら、手をとめないで〜」と

促していました。

しかし、時間がたつにつれ、私の作業を進める量やこなす件数を見た彼は、私がPCやこの作業に慣れていると悟ったのか

今度は「どうしてそんなに早いの?どうやっているの?」と質問してくるように。。。

勿論、「こうやってるよ。人それぞれだけど、私はこれがやりやすいので」と返事しましたが、彼がそれを実践する事はなく

結局彼は午前中のノルマを達成する事なく、お昼休みに入ってしまいました。

お昼は会社の食堂で食べる事になっているのですが、

私の職場の女性陣はいくつかのグループに分かれて、10名ほどでお昼を食べているのですが

私はお昼は一人で食べたい派なので、こっそり隠れるようにお昼をとっていました。

そこにまたNさんが現れたのです「ご一緒していいですか?」心の中では「嫌」と思ったけど、すでに席につき弁当ひろげちゃっているし。。

そこでも繰り広げられる自慢話。少々うんざりしながら付き合いました。

お昼が終わり、午後に入ると作業の量に追われ、それ以上の会話はありませんでしたが

なんだか作業以上に人疲れしてしまいました。

あ、けど彼、いい子なんですよ。

多分、人懐こいんでしょうね、なんだか子犬みたいでした。

帰りに職場のある女性に呼び止められて、「今日のNさん当番、お疲れさま」と言われました。

どうやら他のグループでは、Nさんの隣になって彼に話しかけれられる人を「N当番」と呼んでいるらしく

「Nさん、可愛いよね〜」と言っていました。

マスコット、、、なのかな。

もっと職場内の付き合いをしなきゃな、と痛感いたしました。笑

アンジャッシュ児嶋ひげ脱毛